GitHub Actions

課金体系

build matrix

workflow_dispatch

  • workflow_dispatch はワークフローのトリガーの一種で、ワークフローを任意に手動で起動することができる
  • ブラウザ(GitHubのリポジトリのページ)から操作できる
  • ワークフローを実行するブランチを指定できる
  • 実行時にパラメータを渡すことができる
  • REST API からでも利用できる

用途

  • クラウド上(AWS等)の開発環境へのデプロイ
    • 本番環境であれば main ブランチへの push をトリガーにデプロイのジョブを実行すればよい
    • 一方、開発環境は任意の feature ブランチを任意のタイミングでデプロイできると便利
    • workflow_dispatch はワークフロー実行時にブランチを選択できるため、好きなブランチを好きなタイミングでデプロイするということが容易に実現できる
  • ワークフロー自体のデバッグの用途
    • schedule トリガー(cron)のワークフローのjobの動作確認をするために、わざわざ設定した時間になるのを待って確認するのは手間
    • そういう場合に、workflow_dispatch トリガーも設定することで、任意にワークフローを走らせることが可能

ワークフロー

ワークフロー構文

処理の連鎖

依存Job

workflow_runトリガー

on:
  workflow_run:
    workflows: ["Build"]
    types: [completed]

jobs:
  on-success:
    runs-on: ubuntu-latest
    if: ${{ github.event.workflow_run.conclusion == 'success' }}
    steps:

シェルの実行

Action

SSH

Rsync

SSH

鍵ファイル

パスフレーズはなし?

PHP

PHPUnit

octcov

cs2pr

.NET

デプロイ

AWS

IP制限

EC2

Elastic Beanstalk

sakura

IP制限対応

SSH

  • 鍵生成時にパスフレーズは未設定で!

FTP

移行事例

トラブルシューティング

Bad substitution

Process completed with exit code 255


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-08 (金) 14:11:31 (33d)