音通信

特徴

  • 専用のハードウェアを必要としないソリューションであること
  • スマートフォンとの相性が良いこと。
  • 必要とされるハードウェアがマイクとスピーカーのみという点で、店舗、商業施設、工場、イベント会場、自動車など活用されうる環境が広いこと
  • ノイズが少ない周波数帯域を利用することで、BGMが流れていたり、電車内のように騒がしい場所でも問題なく使える
  • 人間には聞こえにくい音であることを逆手にとって、音楽やアナウンス音声と連動させて利用することも可能
  • 音は、電波に比べて壁や防音で遮蔽がされやすいので、空間を限って情報を発信したいというときに向いている
  • 商業施設の一定の空間だけでクーポンを配布する、アミューズメント施設などの限られた場所だけで情報を発信するなど、ピンポイントに情報を発信できる

SoundUD

事例

  • おもてなしガイド
    • 駅や空港などの交通機関や施設のアナウンスに音声トリガーを追加することで、利用者のスマホに翻訳した多言語情報を表示させる
  • タクシーアプリ「MOV」(9月に「GO」へ変更予定)
    • タクシー内で流れるトリガーをキャッチすることで、目的地に着くと自動的に決済が完了するといった処理をSoundUDで実現
    • カメラをQRコードにかざすなどの手間なくUXに優れた使いやすさが特徴で、現金の受け渡しをなくすことで接触リスクも低減している

スマート・ソリューション・テクノロジー

SMART SOUND LAB

TrustSound Sigma

Mobidoo

関連記事


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-05 (金) 14:28:07 (37d)