キーワード

LPWA(Low Power, Wide Area)

  • LPWA(Low Power Wide Area) はなるべく消費電力を抑えて遠距離通信を実現する通信方式で、IoTの構成要素の1つとして注目されている
  • LPWAは、免許不要の周波数帯域を利用するアンライセンス系と、免許が必要な周波数帯域を利用するライセンス系に大別できる
  • アンライセンス系は通信を行う時に免許は不要だが、ライセンス系は無線局免許が必要となる
  • 無線局免許が不要なアンライセンス系 LPWA は、例えば個人や企業レベルで運用を行うことが可能だが、ライセンス系 LPWA は従来の携帯キャリアのように総務省から包括免許を取得して事業を運用する必要がある

セルラ系(ライセンス系)

NB-IoT

非セルラ系(アンライセンス系)

  • 免許不要で使用可能

ELTRES

Sigfox

LoRaWAN

LoRa?

  • LPWA(Low Power, Wide Area)という、少ない消費電力で広いエリアをカバーする無線通信方式の一つで、IoT向けの通信ネットワークに用いられている
  • LoRa?は免許不要の周波数帯域(アンライセンスバンド)を利用するもので、1GHzよりも低い「サブギガ帯」と呼ばれる周波数帯域を利用する
  • 日本では、免許不要の特定小電力無線局が利用できる周波数帯(920~928MHz)がこれに相当する。最大伝送速度は250kbps程度で、伝送距離は最大10km程度。
  • LoRa?はオープンな通信規格であり、広く普及させるためにLoRa? Allianceという非営利団体が組織されている。全世界の多くのIoT関連企業が加盟している
  • 海外では、フランスのOrange、韓国SKTなどの通信事業者が採用し、日本ではソフトバンクが採用している。なお、LoRa?によるネットワークを「LoRaWAN」と呼ぶ。

SenseWay

The Things Network

概要

  • 分散型LoRaWANクラウド・ソーシング・サービス
  • ネットワーク・サーバ機能とアプリケーション・サーバ機能をクラウド上に構築

ゲートウェイ(屋内用)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-01 (日) 17:56:16 (5d)