• Chrome v58以降が信頼するWindowsで自己署名証明書を作成するには、権限を昇格してPowershellを起動し、次のように入力
    New-SelfSignedCertificate -CertStoreLocation Cert:\LocalMachine\My -Subject "hoge.local" -DnsName "hoge.local", "*.hoge.local" -FriendlyName "HogeCert" -NotAfter (Get-Date).AddYears(10)
    #notes: 
    #    -subject "*.hoge.local" = Sets the string subject name to the wildcard *.hoge.local
    #    -DnsName "hoge.local", "*.hoge.local"
    #         ^ Sets the subject alternative name to hoge.local, *.hoge.local. (Required by Chrome v58 and later)
    #    -NotAfter (Get-Date).AddYears(10) = make the certificate last 10 years. Note: only works from Windows Server 2016 / Windows 10 onwards!!
  • これを行うと、証明書は Personal\Certificates ストアの下のローカルコンピュータの証明書に保存される
  • この証明書を 信頼されたルート証明機関\ Certificates にコピーする
    • Windowsのスタートボタンをクリックして、certlm.mscと入力
    • 新しく作成した証明書を「信頼されたルート証明機関\Certificates」ストアにドラッグアンドドロップ

OpenSSL


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-26 (火) 16:16:02 (43d)