会議の種類

  • 意外と知らない?会議の種類
    • 「区切る」会議
      • キックオフミーティング、中間報告会、成果報告会、等
    • 「発散する」会議
      • ブレインストーミング、アイデア出し会、等
    • 「教える」会議
      • トレーニング、勉強会、研修、説明会、等
    • 「整理する」会議
      • 連絡会、協議会、スケジューリング会、等
    • 「共有する」会議
      • 報告会、連絡会、確認会議、営業会議、等
    • 「決定する」会議
      • 経営会議、役員会議、等

情報共有

  • 報告、連絡を主に行うもので、情報共有が主目的の会議です。
  • 会社の活動にはあらゆる情報が必要で、それらの情報を共有している事はトラブルを未然に防ぐ事になります。

ブレインストーミング

  • ブレスト会議とも呼ばれるアイデア出し会議、制約を設定せずより良いアイデア、斬新なアイデアを抽出する目的で行われます。ブレインストーミング(brainstorming)とも呼ばれ、5〜10人程度で行われるのが普通です。
  • この会議では結論を求めず、質より量、他人のアイディアを否定しないというルールで行うのが原則です。
  • 会議は企業の生産性向上のためという触れ込みで行われる事が多いのですが実際にはマイナス評価の声も聞かれます。役職や部署にこだわらず自由に発言できる環境作りが重要と考えられます。上司や社長が席をはずすと会議が活発化する、という例もあるようです。

意思決定

  • 意思決定型会議とは、会議の典型とも言え、意見の抽出を行う会議です。
  • 議長(リーダー)は参加者の様々な意見を引き出し、意見が出揃ったところで議長は最終的な判断を下します。ただし、その判断については合理的な説明がなされる必要があります。

関連書籍


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-08-22 (火) 11:39:24 (273d)