スマートシティとは

  • スマートシティとは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の先端技術を用いて、基礎インフラと生活インフラ・サービスを効率的に管理・運営し、環境に配慮しながら、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目的とした新しい都市のこと

Smart Living(スマートリビング・生活)

スマートオフィス・ビル・店舗

Smart Energy(スマートエネルギー・環境)

Smart Economy(スマートエコノミー・経済活動)

高効率化供給構造の実現

高革新力産業構造の実現

  • 一人当たりの付加価値を高めていくためには、当然ながら「限られたリソース・時間でいかに生産性の高い業務に集中できるか」がカギ
  • 労働者が高生産性業務に集中できるように、ITの活用を目指す必要がある
  • IoT、AI、RPAなどの活用
  • 社内環境整備やITツール販売・導入サポートの充実を図るのも必須
  • ペーパーレス化
  • 属人的業務を減らす

高購買力消費構造の実現

Smart Learning(スマートラーニング・教育)

Smart Mobility(スマートモビリティ・交通)

Smart Governance(スマートガバナンス・行政)

Woven City

  • 街はCASE、AI、パーソナルモビリティ、ロボット等の実証を実施することを目的に建設
  • 街の名称は網の目のように道が織り込まれ合う街の姿から「Woven City(ウーブン・シティ)」と名付けられた
  • 建設地は2020年末に閉鎖予定のトヨタ自動車東日本の東富士工場(静岡県裾野市)跡地を利用
  • 街の設計はデンマークの著名な建築家ビャルケ・インゲルス氏が担当
  • 初期はトヨタの従業員やプロジェクトの関係者をはじめ、2000名程度の住民が暮らすことを想定し、将来的には175エーカー(約70.8万平方メートル)の規模で段階的に街づくりを拡張していくことを想定
  • このプロジェクトの最大の特徴は、人々が実際に生活を送るリアルな環境の下で、自動運転をはじめ、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、AI技術などの導入や検証が行える実証都市のスタイルとしていることにある
  • 街を通る道はカテゴリー別に大きく3つに分ける
    • スピードが速い車両専用道で、「e-Palette」など完全自動運転かつゼロエミッションのモビリティのみが走行する道
    • 歩行者とスピードが遅いパーソナルモビリティが共存するプロムナードのような道
    • 歩行者専用の公園内歩道のような道
  • それらの道を網の目のように織り込ませることで、使い勝手までも考慮した街作りを目指す

e-Palette

都市OS


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-14 (日) 13:44:54 (24d)