キーワード

量子コンピュータ

原理・原則・基礎技術

量子力学的な重ね合わせを用いて並列性を実現するとされるコンピュータ。 従来のコンピュータの演算は電流が流れる時に1に対応させて、電流が流れない時に0の2つの状態のみで、それらを組み合わせることで複雑な計算をしていたが、量子コンピュータの演算は0と1の間の状態の状態を扱える。 量子コンピュータの方式には様々あるが、大きく分けて量子ゲート方式と、量子アニーリング方式がある。

課題とその解決手段

成果・将来動向

量子ゲート型

量子アニーリング型

量子コンピュータが求められている問題

機械学習

画像認識

材料計算

  • 何らかの材料を作るための計算
  • 第一原理計算
    • 原子を構成する電子の状態まで計算して安定した物質を探し求める
    • 従来式コンピュータだと年単位の時間がかかることもある

量子化学計算

組み合わせ最適化問題

組み合わせ最適化問題とは

① 多数の選択肢 (変数)から ② 制約条件を満たし、 ③ 評価点 (目的関数)が一番良くなる 変数の組合せを見つける問題

経路検索

業務のスケジュール管理

渋滞解消

量子コンピュータが期待される分野

金融分野

ポートフォリオ最適化

金融リスクシミュレーション

セキュリティ問題

モビリティ分野

交通最適化

MaaS

バッテリー開発

IT

リコメンド

データマイニング

暗号通信

数学

数理モデル

行列演算

微積分

統計学

量子プログラミング言語

命令型

Q言語

qGCL

Q#

関数型

QFC

QPL

QML

Quipper

関連企業

IBM

IBM Quantum Network

D-Wave

IonQ

Rigetti Computing

blueqat

関連製品・サービス

関連論文


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-11 (土) 19:37:41 (43d)