Linuxカーネル空間内

文字列処理

ファイル処理

ファイル存在チェック

file_operations

  • ユーザ空間からファイルの読み書きを行う時は、open システムコールを呼び出し、read/write システムコールを呼び出せばいい
  • しかし、カーネルはプロセスではない為 task_struct のように自身を管理するようなオブジェクトは持っていない。よってファイルディスクリプタ云々という操作は使えない。
  • オープンしたファイルを管理するコアとなるデータ構造は include/linxu/fs.h で定義されているファイルオブジェクト (struct file) になる。
  • ファイル操作を行う場合には、ファイルオブジェクトの f_op メンバが持つ file_operations オブジェクトで定義されるメソッドを呼び出す。
  • カーネルモードでファイルに対する書き込みを行う為にはファイルオブジェクトを生成し、ファイルオブジェクトの file_operations メソッドを呼び出す事で実現できる
  • ファイルオブジェクトの取得には、filp_open() 関数を利用する

path_lookup

ハッシュ

ポインタ

文字列処理

文字列比較

文字列分割

strtok

型変換

atoi

  • Linuxカーネルでは atoi() はない
  • 代わりに simple_strtol() を使うようにとのこと

日付・時刻

画像処理

関数

エラー処理

size_t


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-12 (火) 16:59:50 (8d)