変数チェック

isset

empty

is_null

パラメタ処理

parse_str

// URLパラメータの部分だけを変数に格納
$param = "source=google&user_id=testuser";

// parse_strで分解処理し、第二引数で配列の変数名を指定
parse_str($param, $str);
 
// 配列の要素として出力
print_r($str['source']);
print_r($str['user_id']);

文字列

文字列開始チェック

mb_convert_kana

  • 全角 <=> 半角変換

JSON

json_decode

$paramArr = json_decode($jsonStr, true);
$paramArr['key01'];
    :

正規表現

日付

DateTime::createFromFormat

  • YYYYMMDD形式の文字列の DateTime? を取得
    $tmpDate = DateTime::createFromFormat('!Ymd', $yyyymmdd);
    • ! を付けると全てのフィールドの値が 0 にリセットされ、その後で指定した形式のところだけ値が反映される
    • ! を付けないと、指定していないフィールドは現在時刻の値がセットされてしまう

strtotime

リダイレクト

  • リダイレクト先にPOSTの値も転送
    header('Location: https://example.com/post.php', true, 307);

その他

array_multisort()


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-06 (月) 11:18:26 (28d)