概要

  • SignalRはサーバサイドからクライアントのブラウザのJavaScriptによるコードを呼び出しリアルタイム・ウェブを実現するために開発された
  • リアルタイム・ウェブの機能として、サーバ側のコードが接続されたクライアントにコンテンツをプッシュする機能を実装するために利用できる
  • これらの機能は以下に示すような複数の通信手段で実装されている
    • WebSocket (サーバ並びにブラウザ共にサポートしていた場合は有効)
    • Server Sent Events
    • Forever Frame
    • Ajax long polling
  • WebSocketがサポートされないブラウザからはWebSocket以外の選択肢を用いてリアルタイム通信を実現できる。これらはライブラリにより最適な通信手段が選択されるため、デベロッパが設定を行う必要はない。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-21 (金) 08:46:51 (39d)